大手ドラッグチェーン、派遣で働いてまんまる薬局へ!薬剤師として感じた「喜び」【薬剤師 西山さん】

国家試験に合格し、薬剤師免許を取得後、新卒で大手ドラッグチェーンに総合職として入社し、10年以上在籍。

その後、派遣形態で薬剤師として働き、まんまる薬局(=株式会社hitotofrom)に入社。

幅広いキャリアを積む西山さんに「薬剤師×キャリア」についてお伺いしました。
ライター:フリーランス薬剤師ちゃそ

ドラッグストアの総合職ってどんな感じ?〜業務から退職に至った経緯まで〜

正直、薬剤師としての資格を活かせたのは業務全体の30%程度でした。

レジ打ち、接客、ポップを描いて売り場のレイアウト、ケースカットをしたりなど、いわゆる「店舗運営業務」がメインで、調剤業務はほとんどありませんでした。

一方で、大学時代、周りは薬剤系の人ばかりでしたので、逆に薬剤師ではない方と働くのが楽しかったんですよね。(笑)

退職を決めた理由は?

総合職で入社しているので、管理職にならなくてはいけなくて。。。

管理職になるための社内試験も受けていたのですが、自分のキャリアを考えたときにピンとこなかったんです。

当時は「女性管理職を増やしていく」ことを会社が掲げていました。
そんな中で、管理職になるのはつまらないなとも思っていましたし、仮に管理職になると調剤業務の比重はもっと減ってしまう。

また、店舗運営の中でもマネジメント業務が増えて、売上の管理やスタッフの出勤調整などが主な仕事になります。

単純に働く意義がなくなったんですよね。
そのため、一旦休もうと思って退職することを決めました。

人それぞれやりたいことや働き方などは様々ですが「私は違うな」と思いました。

そこから、薬剤師専門の派遣会社に登録して、近所の薬局で薬剤師として働きはじめました。
ひたすら投薬をして、定時で帰ってという感じでした。

派遣として働くってどんな感じ?

そうですね。
1社目との比較になりますが、勤務時間は定時ですし、同じ業務の繰り返しで覚えることも少なかったですので、すぐに慣れました。

また、1社目の時には必ずやらないといけなかったスタッフ教育もなかったので、だいぶラクでした。
言われたことをひたすらやるだけと言った感じです。(笑)

ただ、コロナの影響で薬局の経営状況が悪化して、派遣求人が減少して仕事が減ってきました。
そのため、このタイミングで正社員で働ける会社に転職しようかと思っていたんです。
そんな中、出会ったのがまんまる薬局でした。

これは個人的な感覚ですが、派遣で働くといっても向いている人と向いていない人がいて、瞬発力がないとしんどいなと思いました。

私は合っていたと思いますが、派遣を敬遠される方もいるので一度働いてみないとわからないかもしれません。

慣れてしまえば問題ありませんが、最初は少し大変かもしれませんね。

まんまる薬局との出会いから現在

まんまる薬局を知ったきっかけは?

薬剤師専門の転職サイトに登録していて、まんまる薬局からオファーメールをいただいたことがきっかけです。

もちろん、まんまる薬局以外の企業様からも多くのオファーメールをいただいたのですが、99%が定型分っぽいメールで…

まんまる薬局は、ちゃんと私の経験や経歴を見て送っていただいていました。

また、業務内容や働き方などかなり具体的に書かれていたので、入社後の働き方などなど具体的なイメージを持つことができたんです。

松岡さんとの面接での第一印象は?

今まで出会ったことがないタイプの方でした。(笑)

おもしろい人だなと。

まんまる薬局のやりたいことや目指していることなど、ものすごく力説されたことを覚えています。(笑)

私は在宅をやったことがなかったので、多少の不安がありましたが…

いきなり人の家に行くことへの抵抗感と言いましょうか、どんな患者さんがいるんだろう…とかですね。。。

でも、松岡さんがお話しされていたのは、そんな不安を感じないような仕組み、組織があり、それがまんまる薬局の武器であり、強みであると。

純粋に、「どんなにすごいものなんだろう」と興味を持ったんですよね。(笑)
この好奇心を大切にしよう!と言うことで入社を決めました。

まんまる薬局で働いてみて感じることは?

いろいろと変化がありましたね。

まず、患者さんの層と言いましょうか。
これまで私が関わってきた患者さんですと、イライラされている方が多かったように思います。

急いでいらっしゃったり、面倒に感じられているなどが主な要因だったと思うのですが…
なので、気づけば毎日謝っていましたね。

でもまんまる薬局の患者さんはそれがないですね。
在宅ということもあって、感謝されることが多くなりました。

今までですと、ひとりひとりの患者さんへの対応よりも、いかに多くの患者さんをスピーディーに対応するか?を重視していたので、患者さんとのコミュニケーションをとることがなかったんですよね。

在宅は、ひとりひとりの患者さんと向き合うことが求められますので、そういった意味でも「薬剤師」という存在の必要性を持てるようになりました。

患者さんだけではなく、ケアマネージャーの方から感謝のお電話をいただいたり、前職、前々職ではなかったことがありますね。

自分のペースで仕事ができるようになった感覚があり、余裕を持って働けるようになりました。
それが患者さんへと伝わって感謝されるようになったのだと思います。

在宅の価値もそうですが、まんまる薬局の姿勢や大切にしていることが患者さんに伝わり、患者さんはもちろん、薬剤師にも良い循環になっているように感じています。

まんまるの薬剤師として大切にしていることは?

どんな方とコミュニケーションをとる時にも、「上から目線にならない」ことを意識しています。

言いかえると、どんな些細なことでも話していただけるような雰囲気作りを心掛けています。

患者さんなど受取手の方の視点に立って、気持ちの良いコミュニケーションをしないと不安や不満につながります。
それが結果クレームとなる。

そのため、これを一番気をつけていますね。

西山さんが感じる「まんまる薬局っぽさ」は?

皆さん、個性が強いですね。(笑)

積極的に仕事をされている方ばかりで、やらされている感がありません。

また、1社目のときに感じていた投薬業務以外の無駄な業務がないことですね。
無駄な報告書を書いたり、必要のないことをわざわざ義務として上司に報告することもありませんし、すごく合理的だと思いますね。

あとは、変な固定観念を持つ方がいないので、すごく柔軟です。

こんなことやってみませんか?」というアイデアなどを出しても建設的に・前向きに議論できる風土があると思いますね。

良い意味でマニュアルがないので、柔軟に対応ができないと合わないかもしれませんね。
その分、裁量をもらえていると言えますし、自分のペース・やり方で仕事ができるので良いと思います。

まとめ(まんまる薬局に入社して感じた変化)
  • ひとりひとりの患者さんと向き合うことが求められる「在宅」は、「薬剤師」という存在の必要性を感じられる。
  • 患者さんはもちろん、ケアマネージャーさんから感謝のお電話を頂いたりすることが増えた。
  • ベクトルが「患者さん」に集中できるようになり、自分のペースで余裕を持って仕事ができるようになった。
  • やらされている感がなく、やりたいと言う気持ちを素直に表現するだけで協力者が現れる風土がある。

株式会社hitotofrom まんまる薬局では薬剤師、ボランチなど幅広くメンバーの募集をしております!
会社見学・インターンシップも大歓迎ですので、気になる方は各種SNS、当サイトのお問い合わせフォームよりご連絡をいただければと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です