在宅が「薬剤師の存在価値」について考えさせてくれた。薬局長が語るベンチャー薬局のビジョン。【薬剤師 ゆりさん】

薬局長を務めるゆりさん。

創業メンバーの一人として、安定した環境を捨て自ら事業をおこす立場として、0からのスタートを切ったゆりさん。

“ひとりの薬剤師”として、また”ベンチャー企業の役員”としての顔に迫ります。

ライター:フリーランス薬剤師ちゃそ

薬剤師を目指したきっかけは?

高校生まで大きな怪我も病気もなかったのですが、バスケ中に前十字靭帯断裂の怪我を負い、手術することになったのがきっかけでした。

特に手術時の全身麻酔、術後の痛みに対しての痛み止めの座薬を使ったことです。

あれだけの痛みがすぐに消えて薬って不思議だなぁ、すごいなぁと思って興味を持ちました(笑)

薬ってすごいなぁって。

人生で初めて薬に助けられた経験から薬剤師を目指すようになったんですよ。

まんまる薬局(株式会社 hitotofrom)に参画しようと思った理由は?

私がhitotofromに参画しようと思ったのは、患者さんのための在宅(=訪問薬剤)が必要だと思っていたからです。
患者さんのためにやりたい。
逆にこの気持ちだけでした。

外来調剤は受け渡しだけのルーティンのような業務に感じていました。

ですが、在宅はひとりひとりの患者様の状況や背景に合わせて対応の仕方が変わります。

例えば、薬の管理の仕方だったり、様々なことをサービスとして提供していかなくてはいけません。

実際に在宅をやり始めてから薬をお渡しするだけでは終わらないのが在宅の難しさであり、やりがいになるのではないかと感じました。

これは外来調剤の現場だけでは見えないことでした。

以前に患者さんのご自宅に伺った時に薬の山がありました。

理由は、「今までもらっていた薬の量が多くて、いつどの薬をどれくらいの量服用しないといけないのか分からず飲めていない」とのことです。

もちろん外来調剤では薬剤師からの説明を聞いているとは思いますが…

そんな現状を見て、薬をお渡ししてからでも薬剤師のできることって実はたくさんあって、薬を渡すことが薬剤師としてのゴールではないなと感じたんです。

患者さんへの最大限のサポートを私たち薬剤師が担う。

そんなサービスや環境を作りたいと思ったのがチャレンジしようと思った理由です。

インタビュー中のゆりさん

「患者さんへの最大限のサポートを薬剤師が担う」そのためのこだわりは?

患者さん、一人ひとりが自分の家族だと思って接しようと心掛けています。


例えば、家に入る時に抵抗感を無くすために、

  • マナー
  • 所作
  • 話し手順
  • 声色
  • 声のトーン

ちょっとした不安も取り除いて、心を開いて頂きやすい環境を作ってあげることを心掛けています。

実は、在宅を始めた時に、ある看護師さんに言われた言葉が今も心に残っていてこの考え方に繋がっています。

仮にその患者さんが天涯孤独な方であっても、最後の最後まで味方でいたい。そんな接し方を心掛けてます。
患者さんの現状だけではなく、見えない部分、例えば過去や生き方までも背負う覚悟でいます。

看護師さん
看護師さん

このお話をお聞きした時に、どんな経験をしたらそんな言葉出るんだろう?と思ったんですよね。

そこで深く考えてみたのですが、ご高齢の患者さんが多いので、私たちは孫世代に映ります。

娘さんや息子さんに相談するようなことをご相談される時もありました。

限りなく家族に近い存在になりたいと思っているので、そういう時は嬉しいです。

こういう時に「患者さんへの最大限のサポートを薬剤師が担う」に近づけていると感じます。

あくまでも薬剤師というのは医療従事者ではありますが、もっと距離が近い存在でありたいです。

そのためには、まず我々から患者様に対して、一歩踏み込んでいくこと。

それはどんな些細なことであってもいいんです。

それが結果的に、信頼関係を作る大きな一歩となって、私たち薬剤師が介在する価値になると思います。

薬剤師の立場から見たボランチの存在とは?

たくさんありますね。
その中でも一人ではないという安心感は大きいです。

在宅をはじめて間もない頃は、正直とても不安でした。

どんな患者さんかもわからないですし、他人の家に入るという恐怖がありまして…。

薬だけお渡しして、早く帰ろうと。

でも、これは結局先ほどお伝えしたように「薬を渡して終わり」になって在宅の意義がない。

そんな時に誰かがいてくれるだけで安心感が全然違います。

また、自分とは違う視点を持った存在という安心感もありますね。

  • 前回と比べた部屋の片付きの程度
  • 以前出来ていたけど、出来なくなっていたこと

患者さんのADLの変化に気づけるボランチの存在は非常にありがたいです。

これによって、患者さんにあった接し方や調剤方法なども変化させてあげることで、パーソナライズすることが出来ます。

自分だけの視点だと、薬のことで精一杯になり気付くのが難しかったりします。

薬以外のことに気を配ってくれる存在は非常に大きいです。

薬剤師とボランチとの二人三脚で患者さんの薬に関すること以外のこともトータルでサポートする

これがまんまる薬局の目指すところであり、大切にしている姿勢です。

笑顔なゆりさん

最後に番外編☆教えて松岡さん!ゆりさんってどんな人??

自動車免許を持っていなくて、今まで総勢1000名くらいの患者さんに訪問している薬剤師は全国にいないと思います(笑)

その経験からだと思いますが、現場での判断がものすごく早いので患者さんの状態や課題など、早期にキャッチアップしてサポート体制や関わり方を変化させる部分が本当にすごいです。

そして、限りなくミスが少ない。

そのため患者さんからも絶大な信頼感を寄せられていて、薬剤師のメンバーからも慕われていて大きな存在です!


まんまる薬局では薬剤師、栄養士、ボランチ!
幅広くメンバーを募集しております

インターンシップだけでなく見学、お話だけでも大歓迎です✨
まんまる薬局の公式twitterへ
ご連絡お待ちしております!

まんまる薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です